« 柳宗悦の民藝と巨匠達展 | トップページ | 河井寛次郎の陶器 »

2006/02/04

五井昌久先生の「世界平和の祈り」

現在、父が主宰しているコスモス会の機関紙「風韻誌」2月号の編集に携わっています。


huuinn

風韻誌2月号表紙 2月18日発売予定です♪
60ページほど。隔月刊誌です。

生け花は、父が生けたものです。

コスモス会は、宗教思想家の五井昌久先生(1916~1980)が提唱された世界平和の祈り」が真の世界平和を達成するものであることを根本精神として、様々な活動をしているグループです。

五井昌久という名前は知らなくても、「世界人類が平和でありますように」という言葉を街角で眼にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

このお祈りは、特定の団体や宗教・宗派に属したものではなく、仏教の人でも、キリスト教の人でも、どなたでも、普段の日常生活の中で、自由にお祈りできる祈りです。

「世界平和の祈り」は次のような短い祈り言葉です。

世界人類が平和でありますように

日本(祖国)が平和でありますように

私達の天命が完うされますように

守護霊様・守護神様ありがとうございます

東洋哲学者の安岡正篤氏が「霊覚のある、しかも法力のある無欲な宗教家の第一人者は五井先生でしょう」と評されましたが、まさに五井先生は、日本近現代を代表する、最も優れた宗教家であると思います。

コスモス会が発足したのは、五井先生がご逝去された後のことです。

昔、父が人生相談を行っていて、来られた人たちに「世界平和の祈り」を祈ることをお勧めする内に、自然に同志グループのような形で、1985年に発足しました。

以来、会の道場や集会所で、講話やお祈りの集まりを開いてきました。現在は、父が書いた書や生け花の展示会など、芸術・文化面での活動にも力を入れています。


HP天奏家 尾崎元海の世界で、父の書や「世界平和の祈り」の紹介をしています。

このブログでも、コスモス会の講演会や展覧会の様子などを、紹介していきたいと思っています。

(3/16 追記)

天奏家のHPの講話のコーナーに、これまでの風韻誌に収録された父の文章を掲載しました☆

今のところ「五井先生との出会い」 「神は愛なり」 「コスモス問答」 「全託について」の4つだけですが、これから随時更新されると思うので、関心のある方は是非ご覧ください♪

|

« 柳宗悦の民藝と巨匠達展 | トップページ | 河井寛次郎の陶器 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/8506405

この記事へのトラックバック一覧です: 五井昌久先生の「世界平和の祈り」:

« 柳宗悦の民藝と巨匠達展 | トップページ | 河井寛次郎の陶器 »