« 五井先生と王仁三郎さん | トップページ | 河井寛次郎の思想(2) »

2006/06/05

コスモス会の名前

コスモス会のメンバーの方から、「是非見てください」と、熊田千佳慕さんの「花を愛して」という題名の画集を貸していただきました。
卒寿(90歳)の花の画集と、表紙に書いてありました。
すごいですねぇ。
この方は、ライフワークとして、ファーブル昆虫記の絵本化の仕事をされているそうです。

「虫も草も木も
愛情をもって見るとかわいいし
美しい発見があります。
人間の仲間として
小さな虫を花を草を
どうか愛してください
~千佳慕」

サクラソウ、スミレ、アサガオ・・・etcの花々の絵が、千佳慕さんの短いエッセイのような文章と共に掲載されていました。
草花への愛情に満ちた、優しい、心に染み入る絵と文でした。

その中で、コスモスの絵もありました。
文を読みますと、
「南アメリカで生まれたくせに、今ではすっかり日本になじんで、日本生まれのような顔をしている彼女達・・・」と書いてありました。
あれっ、そうだったんですね。
てっきり日本の花だとばかり思っていました。

コスモスは私の父の誕生花であり、昔、父が法話会を開いていた武庫之荘道場には庭一面にコスモスの花が咲き誇っていました。

コスモス会という名前は、そんな理由からつけられました。
それと、コスモスには、英語で調和や宇宙という意味もあるので、「大宇宙の中心者と一体となって、調和した平和世界を築く」という想いも込めていたのではないか、と思います。
昔は漢字で「秋桜会」と表記していたので、よく郵便配達の人から、「あきざくらかい」とか「しゅうおうかい」とか、間違えられてました。
ひょっとして、その筋の会と間違えられていたのかも(^^ゞ

千佳慕さんのコスモスの文の最後に、
「秋風にゆれる優雅な花すがたも、一夜の嵐にあってなぎ倒されても、すっくと立ち上がり、秋をまきちらしてくれるしたたかさ。
私が苦しみに耐えているとき、いつも心強く励ましてくれる花ともだち」

と書かれていました。

コスモスの花言葉は、真心、愛情、調和。

コスモス会が、コスモスの花のように、一人でも多くの人達の、心を励まし、真実に癒すことができる会でありますように。

|

« 五井先生と王仁三郎さん | トップページ | 河井寛次郎の思想(2) »

コメント

コスモスの花言葉って,真心・愛情・調和なんですねー。コスモス会の一メンバーとして,あまりに美しい花言葉で,心にしみ入りました。コスモスの花は一輪でもそれはそれで美しいんですが,畑一面にいっぱい咲いていて,秋風に揺れているコスモスの美しさって言ったらないですね。たくさんで咲いていいたら,コスモスの美しさが倍増すると言いますか・・・。コスモス会のあり方を現してるようで,多くの方と一緒に喜びを分かち合っていきたいと,コスモスの花を見ては,そう思います。
 余談ですが,熊田さんは90歳でほんとに精力的にライフワークをされてて,私の祖父も92歳ですが,今もダンスの教室をもってて,おしえてるんですよ。熊田さんのように高尚なライフワークではないですが(笑),この時代の方々って,皆さんお元気なんでしょうか・・。祖父の部屋から氷川きよしさんの曲が流れてるから,何してんのかと思ったら,生徒さんが喜ぶからと新しいダンスの振り付けを編み出してたり。そのチャレンジ精神は,見習っていきたいと思ってます。元気の秘訣かもしれません・・。余計なハナシですみません。いつも,貴重なお話をありがとうございます。ではでは~。

投稿: ゴローブー | 2006/06/11 23時46分

コメントありがとうございます。

92歳でダンスを教えられているんですか!
初耳です。
すごいですね(^^♪

山に登っておられるのは、お父様の方でしたっけ?

ホント、幾つになっても、チャレンジ精神をいつまでも持ち続けるというのは、素晴らしいですね。
人間の命は、100年やそこらで終わるものでなく、その後も永遠に続くものでしょうからね。
では、また~

投稿: 晃久 | 2006/06/12 21時32分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/10402402

この記事へのトラックバック一覧です: コスモス会の名前:

« 五井先生と王仁三郎さん | トップページ | 河井寛次郎の思想(2) »