« 沈壽官さんのこと | トップページ | 斉藤先生のこと »

2006/06/30

村田先生と斉藤先生の対談

家に置いてある古い白光誌に、五井先生がご還暦の際に為された、斉藤先生と村田先生の対談が載っていて、その内容がとても、心に感じ入るものがありました。
インタビュアーの方の、これから会が発展するにあたって、私たちの心すべきことは何でしょうか、との問いかけに対して、村田先生はこうお答えになられていました。

===========================

村田先生:
お祈りの実践だと思います。
この間もある人が子供さんが悪くてどうしましょう、といってこられた。
「それはあなたが先に祈りに入ってくださることですよ」
「どうして入るんですか」戸を開けて入るというんじゃありませんからね
「入り方というのは五井先生!と一心によんで下さったらいいんですよ。守護霊様が入れてくださるのだから、ああもこうもでなくただ、五井先生とお呼び下さることが中に入ることです。どうぞこれを実践してください」と申し上げました。
祈りの実践というのは、どれだけ素直にどれだけ純粋に五井先生とお呼びできるか、ということに帰着するんじゃございませんでしょうか。これを集まって下さる方に倦まずたゆまず繰り返し繰り返し伝えてもらいたいと思います。

斉藤先生:
理論じゃないですからね。
五井先生というひびきの中に、お釈迦様が生きキリストが生き、もろもろの聖者が生きるんですからね。そういう方がいらっしゃるんだということを、我々は体で教えられた。新しく来る人たちは知らないけれど、やっぱり宗教というのは信から出発するんだから、こんな人に言っても無理だじゃなくて、やはり知らせなければいけませんね。

村田先生:
その知らせ方ですが、自分が真先に実践してゆく、これ以外にないと思う。あとの人は自然について来て下さる。

===========================

この続きも非常に教えられる内容だったのですが、私は、これを読んで、「これは、偉大な祈りの先達である、斉藤先生・村田先生の、今の私たちに対するメッセージだなぁ」と、思わずにいられませんでした。

「本当に五井先生とお呼びできたときには、五井先生の中、おそばにいるんです。こういう形の五井先生をうんと広めていけば、一回も本部に来られなくても、五井先生にまみえ、五井先生にご指導していただくことになります。」と村田先生は仰っておられました。

このことをコスモス会でも、新しく来られる方達に対しても、繰り返し伝えています。
父は、自分自身の霊的な体験として、そういうことがよくわかるものですから、説得力を持って、そのことを人に伝えることができるわけです。
しかし、父は、「霊的にそのことが感じられなくても、そうなんだ、と深く信じてしまったら、霊的にわかったのと全く同じことだ」と言っていました。

肉体身を持った五井先生はもういらっしゃいませんが、五井先生は今も、「世界平和の祈り」を祈る私たち一人一人を守り導き続けておられることと思います。
「世界人類が平和でありますように」という、祈りの響きそのものが五井先生なのでしょうね☆

|

« 沈壽官さんのこと | トップページ | 斉藤先生のこと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/10736599

この記事へのトラックバック一覧です: 村田先生と斉藤先生の対談:

« 沈壽官さんのこと | トップページ | 斉藤先生のこと »