« 宮崎・鹿児島法話会のお知らせ | トップページ | もう、11月ですね »

2006/10/28

五井先生への全託

昭和36年頃の古い白光誌を読んでいましたら、当時の講師の方たちが、業が強く出てきたときや、想いがかかってきたとき、自力で消そうとしないで、消えてゆく姿にするコツについて、それぞれの体験談を語っていまして、中々興味深い内容でした。
講師の人達が共通して仰っていたことは、五井先生を思い、世界平和の祈りの中に入れば、五井先生が消してくださるんだ、ということでした。
その中で、斉藤先生のお話が面白かったので、少し抜き出して、紹介します。

===========================

私を村田さんが見て、20回位生まれかわなければ消えない業をもっていると聞いたものですから・・・(略)・・・人生50年とすれば千年以上かかる。それを私が今更力んで消すも消さないもない。自分では手に負える業ではないから一切五井先生におまかせしようと、それから五井先生におまかせ一本にしてしまったわけです。
処が全託したはずなのに全託しないという想いがチョロチョロ出てくるのですね。これだけは先生、これは俺の方でいいわけだという具合に、都合の悪いことは先生、都合のいいいことは自分の方とやっていたわけです。・・・(略)・・・
それで私は先生に何度も全託して一切合財先生になっちゃったのですね。それでいいことの出てくるのは五井先生、悪いことの出てくるのは斉藤の業を五井先生が消しているんだ。斉藤という表札の処に先生が帰っていって、うちの麦めしを食ってうちの子供たちと遊ぶ。それも五井先生。みな五井先生にしてしまった。
・・・(略)・・・
それからいろんなことが(霊的に)見えたり聞こえたりした。それも私がやっているなどとは夢にも思わない。五井先生が使うときだけが、私の霊的な力が出るのであって、普段は凡人でいいのだ、(略)それから(五井先生が)使うときには五井先生になれるのだ。それがズーッと続いているわけですね。

===========================

これを読んで、イエスの言葉じゃないけれども、斉藤先生にとって、五井先生というのは、まさに息より近い存在だったんだなぁ、ということに大変感銘を受けました。

悪い運命が出てくるのは五井先生が斉藤の業を消してくださっている。自分が人に役立ち、喜ばれるような良いことをした場合も、自分がやったのではなく、斉藤を使って五井先生がしてくださった―こういう風に徹底して五井先生への全託・感謝を貫かれたわけです。

五井先生がご帰神されたからといって、五井先生は何も遠く離れた天界から何もしないで私たちを眺めていらっしゃるわけではありません。(当たり前のことですが)
斉藤先生のように、うちの飯を食って、うちの子供たちと遊ぶのも五井先生、というぐらいに思えば、グッと五井先生が身近に感じられます。


別の話になりますが、五井先生が青年部の集まりにお出になられた時、ある青年が「五井先生、僕は平和ポスターを日本中に貼ってゆきたいと思います。」といったところ、先生は「そうね、私が貼ってあげるからね」とご返事されたそうです。

結局、祈りによる世界平和運動というのは五井先生(守護霊・守護神・救世の神々)が全て為さってくださっているんですよね。
私達の肉体は、五井先生が働かれる尊い場であり、器です。
五井先生、どうぞ、私を世界平和実現のためにご自由にお使いください―こう素直に思える人間になれるよう、精進していきたいと思っています。

|

« 宮崎・鹿児島法話会のお知らせ | トップページ | もう、11月ですね »

コメント

おはようございます。
読んでいて、思わず笑ってしまいました。
理由はよくわからないのですが・・・。いいですね、齋藤先生♡
特に「斎藤という表札の処に先生が帰っていって・・・」のところの文章がよかったです。
何かつかめたような気がします。


晃久さん、いい文章を教えてくれてありがとう♡

鹿児島での法和会を楽しみにしています。

投稿: つるたろう | 2006/10/29 08時53分

斎藤先生のお話、いいですねえ。「斎藤という表札の処に先生が帰っていって・・・」の所まできて私は涙が出そうになりました。
じゃあ、ほ・ん・と・は、私も「五井先生が私の家に帰って、ごはん食べて、仕事の用意して、猫と遊んで」なんだなあと・・・。
そうか、五井先生だから、斎藤先生はこんなにいいんですねえ。
このお話書いてくださってありがとうございます。

投稿: のんのん | 2006/10/31 20時34分

 足跡から来ました。
五井先生のお話を伺いにこれからも時々来たいと思います。 どうぞ、よろしくお願い致します。

投稿: 3210 | 2006/11/02 09時26分

皆さま、コメントありがとうございます。

つるたろう様
日曜日の鹿児島法話会、よろしくお願いします。

のんのん様
斉藤先生の五井先生に全託する姿勢を私たちも見習っていきたいものですね。

3210様
はじめまして。
私の両親が昔白光にいたものですから、五井先生の思い出話をよく聞かされました。
こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: 晃久 | 2006/11/02 20時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/12463604

この記事へのトラックバック一覧です: 五井先生への全託:

« 宮崎・鹿児島法話会のお知らせ | トップページ | もう、11月ですね »