« ボッティチェリの絵画 | トップページ | 村田先生のみ教え研究会 »

2007/01/28

ボッティチェリの絵画2

~ 前記事ボッティチェリの絵画の続きです。 ~

白光の村田先生が「み教え研究会」と題して、講師の方の質問に答えている内容の小冊子が我が家に置いてあるのですが、その中で村田先生が美術館で見た様々な絵について解説しており、ボッティチェリのことも取り上げられておりました。紹介させていただきます。

===========================

あちこちの国を廻っている間に、自分に関心がなかったものを、絵の中から色々と教えられました。その絵の見方とは、絵の正面へ立って、姿勢を正してピーッと波動が合うと、私との間に、バイブレーションが起って、その絵の中から物語が出てくるのです。巨匠が心血を注いで描いた絵は素晴らしいです。・・・(略)・・・ボッティチェルリの絵は、何処かで見たことがある・・・そうだ、神界の上の方にあった。その人たちの絵は、よく描こうという思いの絵ではなく、全身全霊を打ち込んで描いた時に、上の方からのものを視せられて神界の波が入ってきて描いているのです。それらの絵は、私の魂を魅了しました。その題名は「ヴィーナスの誕生」でしたが、神界の太陽が、貝として表現されています。神界のものと違っていたところが3ヶ所ほどありましたが、素晴らしい名画です。

===========================

さすが、村田先生としか言えません。村田先生以外には、決してできない絵の解説です。(^^ゞ

これは、神界で「ヴィーナスの誕生」とそっくりの絵を見たことあるということなのでしょうね。
神界のものとは3ヶ所違っていた、と言われても、私達にはさっぱりわかりませんが(笑)、ボッティチェリが高い世界からの波を受けて絵を描いていたということが、このお話からよくわかります。

優れた絵画の場合、その絵画の響きが、一体どういった霊的階層から流れてきているかということは、中々普通の人には掴みにくいものではないかと思います。

私はルネサンスの絵画が好きで、ボッティチェリだけでなく、ミケランジェロやラファエロや、ダヴィンチも好きですが、果してその良さをどれだけ味わえているかとなると、実はそのひびきの一端を感じ取れているだけではないかと思うのです。

五井先生が、若い人でバッハは良いと言っている人がいますが、バッハは宗教的に相当な高い精神状態にならないと、その真の良さはわからないのですよ、と仰っておられましたが、そういうものなのでしょうね。

しかし、とにかくそういった優れた芸術に数多くふれると、知らない間に心が浄められて、精神が高めあげられていくのは間違いのないことだと思います。

|

« ボッティチェリの絵画 | トップページ | 村田先生のみ教え研究会 »

コメント

私は、これまで絵画にも、クラシック音楽にもあまり興味をもてなかったのですが、晃久さんの文章を読むようになってから、不思議とそれらと接する機会が増えてきました。

クラシック音楽に興味を持つようになったのは、漫画「のだめカンタービレ」の影響もあります。これは妻の紹介でした。

最近は週1ペースで刊行されている「アーティスト・ジャパン」を購入するようになり、日本画っていいなあ・・・。と思うようになりました。
第1号が葛飾北斎、第2号が横山大観、第3号が東山化魁夷さんの特集です。

以前の風韻で、日本の画家さんについても書かれていたと思いますが、また機会がありましたら、このブログでも紹介してください。
よろしくお願いします。

投稿: つるたろう | 2007/01/29 14時26分

 おーっ。村田先生はすごい。ボッティチリの絵がそんなにすばらしいと聞いて本当に嬉しいです。♡♡
 絵も陶芸も音楽も、こちらにはわからなくても、よいとされるものに触れられるだけで幸せですよね。出会いは縁ですから、いつかわかるようにさせていただけるでしょうから。
 私はとてもつらい思いをしているときに、バッハの音楽を聞いて、世の中にこんな美しいものがあるのだと涙がとまらなかったことがあります。それはつらさによって神様の方に心を向けられていたからだと思います。
 

投稿: のんのん | 2007/01/30 22時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/13696570

この記事へのトラックバック一覧です: ボッティチェリの絵画2:

« ボッティチェリの絵画 | トップページ | 村田先生のみ教え研究会 »