« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/27

五井先生への全託に徹した青年2

先日書いた「五井先生への全託に徹した青年」の続きです。

Y青年が亡くなって、4・5日後の話です。
聖ヶ丘統一会で、斉藤先生が、大勢の人たちと一緒に統一しているとき、霊身のYさんが斉藤先生にお世話になったことの御礼をいいに現れます。

以下、昭和38年の白光誌に掲載された、斉藤先生の文章からの引用です。「  」内はYさんの言葉です。

===========================

「神界へ来て一番びっくりしたことは、現界では五井先生と気安くいっていたのですが、今はその一言が大変なことだということが解りました。ここでは、もう地上の知識や言葉などは何の役にも立ちません。
只一つ五井先生というお祈りがあるばかりです。五井先生、この言葉が凡ての凡てです。神々も諸聖者も、ここでは皆、五井先生、五井先生です。で、どんなことでも凡て五井先生で通じるのです。
でも、それは現界でいう五井先生という言葉ではありません。つまり心のひびきです。
私はまだここへ来ては新参者なので、この気持ちをうまく表現することが出来ません。斉藤先生なら、いつも統一の時に神界へおいでになっていたからお解りでしょう。
お蔭様で、死の寸前まで五井先生、五井先生というお祈りを祈りつづけていたので、ここへ来ても少しも不自由を感じません。
五井先生という唱名はまったく素晴らしいです」

ああそうか、成る程現界の五井先生は、大神様と一体になられた方だ。宇宙神の化身だ。神界の上層なれば、宇宙神のみ心、大神様のみ心、そのまま有るばかりだから、五井先生と思えば、そのまま宇宙神のみ心のひびきとなって響き渡るのだ。
と思った時、「そうです。そうです、斉藤先生その通りですよ
達夫さんの嬉しそうな声が光の波になってひびいて来ました。

===========================

父がよく「皆さん方が亡くなってあちらの世界に行ったら、自分がこれまで行ってきた祈りというのがどれほど凄いものだったか、一遍にわかりますよ」と言いますが、Yさんの話からもそのことがよくわかります。

この文章を読んで感じることは、神界には五井先生のひびきしか存在していないのだ、ということです。

斉藤先生は「五井先生は世界平和のお祈りのご本尊さま」という表現をされていますね。
「世界人類が平和でありますように」という祈りは単なる言葉ではありません。
「世界平和の祈り」は五井先生の、全人類を一人残らず救いとろうとする大光明そのものであって、その中にあらゆる神々が働いておられるわけです。

私達は、五井先生!とお呼びすることで、大神様の大光明の中に深々と入り、自分の本心に統一していくことができるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/26

原稿募集

次号の風韻誌(4月25日前後発売予定)の原稿を現在募集しております。
五井先生のみ教えを実践しての体験談、法話会に参加しての感想などございましたら、事務局までFAX等でお送りください。
(コスモス会HPのアンケートや、私宛のメールで送って頂いても結構です。)

締め切りは、4月6日頃を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/23

五井先生への全託に徹した青年

昭和38年の白光誌を読んでいましたら、Yさんという、23歳のとき五井先生に繋がられて、それから4年という短い期間で、五井先生のみ教えの実践に徹せられて、27歳の若さで、ご病気で大きな業を消す役割を果たして亡くなられて、そのまま神界に行かれた方のことが紹介されていました。

その方は、重い病気にかかったことを契機に神を求めるようになったのですが、病気を治してほしいという気持ちで祈るのではなくて、亡くなる直前にも、「地獄(幽界)を浄めることこそ、世界平和の祈りの実践であり、菩薩としての自分の仕事である。善きにつけ悪しきにつけ全託し五井先生の器となれり」ということを手帳に書いておられ、ただ五井先生と一体となるために、世界平和のために祈りに徹せられたのです。

斉藤先生が、統一中に神界に上っていって、Yさんと色々と話をするというエピソードが載っているのですが、その中で斉藤先生が「あなたは五井先生に繋がってたった4年なのに、亡くなってすぐ神界で働かれるようになりましたね。そんなことは相当修行した立派な人でも、中々出来ることではないと聞いています。私たちの修行の参考になること、修行の秘訣を教えていただけますか」と聞く場面があります。

それに対してYさんが「ひたすらに祈り祈りて祈るなり 祈りの泉湧き出ずるまで」「我が生命ただ一筋にまっしぐら 五井先生のみ光の中」という短歌で返されるんですね。

私はこの短歌にすごく胸をゆさぶられました。

それより2年ほど前の白光誌に掲載されていた青年部の座談に、Yさんの写真が載っていたので父に見せたら、「この人はすごい人だねぇ。悟った人だよ」と言っていました。
当時25歳ぐらいであっても、それは過去世の、何百年、何千年という歩みがあるのでしょう。父によると高僧の生まれ変わりなんだそうです。

この斉藤先生がYさんと霊的に交流して様々なやりとりをする話は、非常に興味深い内容なので、また紹介したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/18

五井先生のお話を聞く会

3月21日(水・祝日)、高殿道場にて、五井先生のご法話を録音テープで拝聴させていただきます。
時間帯は午後1:30~3:00です。
どうぞ、お気軽にお越しくださいませ。


4月から高殿で土曜日に、月1回か2回、父の書のミニギャラリーを開こうと思っています。またギャラリーに合わせて新作を書くと思いますので、お楽しみに。

もっと新しい方が気軽に来ていただけるような集まりをどんどん企画していきたいと思っています。「こんなことしてみたら」という、何かよいご意見があれば、お知らせください♪
(勿論、世界平和の祈りを伝えることを目的とした集まりですが)

法話会のビデオなんかも今後、道場・集会所等で、上手く活用していきたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/12

コスモス会HPの更新

風韻誌3月号に掲載できなかった座談会のとき出た質問を、コスモス会のHPに一つ紹介しました♪

それ以外でも、チョコチョコ更新してます。

「人生ってええもんや」の、父の若い頃の霊的な体験は中々面白い話ですよ。

もっとたくさん文章を載せたほうがいいでしょうか?
御要望があれば、アンケートでお知らせください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

奈良集会の案内

(※開催日の曜日が間違っていたので、修正しました。水曜日です)

3月14日(水)、午後1:00から生駒市コミュニティセンターで、奈良集会が開かれます。
詳しくはコスモス会HPの集会所行事案内をご覧ください。

奈良集会はいつも、メンバーのKさん宅で開かれているのですが、個人の家では来にくい人もいるだろうということで、今回、会館を借りて開くことになりました。

お近くにお住まいの方は、お気軽にお越しください♪

※普段の集会ですので、父は参加いたしません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/06

六甲法話会の追加案内

3月29日(木)の六甲法話会の件ですが、
午後1:45~4:15(昼の部)、午後5:45~8:15(夜の部)の、
2回に分けて行うことになりました。

募集定員は各17名となります。

人数把握をしておきたいので、参加希望の方は、事前に事務局までFAX等で御連絡いただけると幸いです。
(会員でない方や初めての方は、事前連絡なしに当日来て下さっても結構です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

同じ底辺を持った三角形

久しぶりに、私の心の師の一人である、陶芸家の河井寛次郎さんの言葉を紹介します。

===========================

同じ底辺を持った無数の三角形―人間

それぞれ違った角度を持ったこれらの無数の三角形。
鈍角、鋭角、等辺、不等辺。
どうしてこれだけの差があるのかと驚かされる差。
類似はあっても、微塵の同一のないこの差異。
しかし、微塵の差異もない同一の底辺に支えられたこの差異。

(「河井寛次郎著・火の誓い」より引用)

===========================

宗教の世界では、人間は誰しも、同一の大生命より分かれた存在だと説きますが、寛次郎さんは「同じ底辺を持った無数の三角形」というユニークな表現をされています。

地球人類60数億人すべてが、同じ一なる大生命より生まれてきました。
それでいて、一人ひとりが、他の人とは異なった、その人にしかない個性・天命を持っています。

21世紀は、宗教や人種や文化の違いを越えて、私たちがみな同一の大生命より生まれた兄弟姉妹であることに気づき、お互いの天命を尊重しあい、生かしあっていく時代になるのでしょうね♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »