« 聖祖たちの御心 | トップページ | 尾崎元海の書・新作2 »

2007/04/30

尾崎元海の書・新作

(※4/30 書の画像を追加しました)

最近、父は久しぶりに書を書いています。

Pict2176

「海」
水彩で「慈」と書いた上に、墨で書いてます。
慈しみにあふれた母なる海といったイメージだろうと思います。


Pict2201
見ての通り「目」・・・ではなくて、真っ直ぐ・正直の「直」の象形文字です。


Pict2179
「天地」
竹の額に入れてます。

大分間が空きましたが、また書のミニギャラリーを開くことを予定しています。
6月以降になると思いますが、それまでに色々と書くと思いますので、お楽しみに♪

|

« 聖祖たちの御心 | トップページ | 尾崎元海の書・新作2 »

コメント

海という字がほんとうにすてきですね。慈という背景があるから余計に?

元海先生の書はぼーっと見ているときこころよいのですが、ときたま圧倒され絶句するときがあります。余りにすばらしく言語なんか吹っ飛んでしまいます。そういうめったにない瞬間はオーロラのごとくこちらの意志とは無関係です。

投稿: のんのん | 2007/04/27 22時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/14854116

この記事へのトラックバック一覧です: 尾崎元海の書・新作:

« 聖祖たちの御心 | トップページ | 尾崎元海の書・新作2 »