« 人間の本当のもの | トップページ | 凡聖一如 »

2007/05/21

善悪二元論

皆さまはゾロアスター教という宗教を御存知でしょうか?
古代イランで生れた宗教で、善悪二元論を特徴としています。
ニーチェの著作であり、クラシックの曲にもなっている「ツァラトゥストラはかく語りき」の、ツァラトゥストラとは、ゾロアスターのことです。
(父はゾロアスターのことを、超能力者・霊能力者と言っていました)

宇宙の法たる神・アフラ・マズダーを主神として、アフラ・マズダーに従う善神と、それに背く悪神がいて、人間は自らの意志で善悪どちらかの側に立つことができる。善の勢力と悪の勢力が争い、最終的に善の側が勝利する―このゾロアスター教の善悪二元論の思想は、ユダヤ教やイスラム教、キリスト教に大きな影響を与えました。

イエスさんは「人間はみなキリストであり、神のみが実在する」という神一元論を説いたはずなんですけれども、神と対抗して、悪なるものが存在するという思想が現在のキリスト教には入り込んでしまっています。

「心身の神癒」でイエスは、「悪」についてこう説いておられます。

===========================

第一話―74
あなたたちは自分たちの物質的感官世界で、善にも悪にも同じ力があるように見せかけてしまっている。
しかし、これは人間的感官による理屈づけであって実在の真理ではないのである。

第一話―75
神には善とか悪とかいうものはなく、神は今の今完全無欠に現われてい給う。
もし、あなたたちが偏在し給う神が善であるといい乍ら悪も又存在するというのであれば、あなたちの理論は間違っている―偏在する善の中にいかにして悪が存在しえようか。

第一話―76
考え違いが悪の存在を信じ込ませるのである。
理屈を立てずに、神の愛があなたたちを通して現われるに任せよ。
そうすれば恐れを抱かしめるもの、真実の表現を妨げるものは本来の無となって解消しさるであろう。―略―
なぜならばそれ(悪)は偏在している神の中には存在しないし、又存在しえないからである。

「心身の神癒」(マクドナルド・ベイン著/霞ヶ関書房)より引用

===========================

「真実の表現を妨げるものは本来の無となって解消しさるであろう」―これはまさに消えてゆく姿の教えですね☆

神様の中には悪は存在していません。
悪が存在しないのだから、悪と争い対立するような善も、神様の中には存在していません。
この世の相対的な善悪というのは、すべて消えてゆく姿であると思います。

|

« 人間の本当のもの | トップページ | 凡聖一如 »

コメント

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教においては、絶対神(大神様)に敵対する勢力として悪魔(サタン)と言う存在を認めています。

しかしそういう存在を認めているようでは、神様のみが唯一の実在であるという光一元の信仰は理論的に成り立たない。人類世界はいつまでたっても相対的に善悪が闘争し続けるという救われない状態が続いてしまいます。

そういう点からも、悪というものは消えてゆく姿であるという五井先生の教えは、画期的で有難い教えであると思います。

投稿: 縁光 | 2007/05/21 22時27分

父は、モーゼ・イエス・マホメットを通して「ガブリエル」という金星の宇宙大天使が働いたのだと、言っていました。

肉体を持ったことのない、最初から神そのもののハイレベルな存在が、開祖方を通して、人類に真理を伝えようとされたのだそうです。

イエスは、神のみが実在するという真理をはっきりと体覚していたのですが、後世の人がその真意を理解することができずに、本来の開祖の教えにはない、二元論の思想の影響を強く受けてしまったのだと思います。

投稿: 晃久 | 2007/05/22 00時17分

「神には、善とか悪というものはない。」
という言葉が響きました。

今、五井先生の「聖書講義」を一日2~3ページくらいのペースで読み進めています。

少しずつ、真理の言をからだに沁み込ませ、体現できるようになりたいと思います。

日々の生活を大切にしていきます。

ありがとうございました。

投稿: つるたろう | 2007/05/22 09時02分

毎日、少しづつ五井先生のご著書を読む習慣をつけておくというのは、本当に素晴らしいことだと思います。

五井先生のご本は、2、3ページの中に、奥深い真理がたくさん凝縮されているように感じます。

投稿: 晃久 | 2007/05/22 23時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/15153677

この記事へのトラックバック一覧です: 善悪二元論:

« 人間の本当のもの | トップページ | 凡聖一如 »