« パバロッティ | トップページ | 水生植物公園 »

2007/09/13

大山崎での寛次郎展

京都の大山崎山荘美術館で、河井寛次郎 焔の造形展9月20日(木)から12月9日(日)まで開かれるようです。
本館が英国風の洋館で、新館が安藤忠雄さんの設計で地中に配されている、とても素敵な落ち着いた趣の美術館です。
モネの睡蓮の絵が新館に常設されています。

写真撮影が可能で(本館の方だけだったと思いますが)、何年か前に寛次郎さんの展覧会があった時、パシャパシャと作品を撮りました。

↓本館の2階のオープンカフェにリーチさんと浜田庄司さんの陶板が置いてあります。


Pic0681

Pic0682

上がリーチさん、下が浜田さんです。
割と大きなサイズだったと記憶しています。

お近くにお住まいの方で関心のある方は、是非見に行かれることをお薦めします。

|

« パバロッティ | トップページ | 水生植物公園 »

コメント

行きたいのです。常設でも行きたいくらいです。しかし遠くに住まっておりますので先立つものが・・・。

ところでここの新館の建物はその場所と調和していると思われますか?素敵なような、違和感もあるような。

投稿: のんのん | 2007/09/25 22時01分

本館の山荘の方が、この場所とより調和しているでしょうね。

展覧会に行ったら写真を撮ってきて、また紹介しようと思っています。

投稿: 晃久 | 2007/09/25 22時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/16382750

この記事へのトラックバック一覧です: 大山崎での寛次郎展:

« パバロッティ | トップページ | 水生植物公園 »