« 鹿児島ギャラリー | トップページ | 新年祝賀法話会 »

2007/12/01

寛次郎展報告

前回の記事から、大分間が空いちゃいましたね。
今年もあと一ヶ月。2007年も、もう終わりを迎えようとしております。

さてさて、報告が遅れましたが、
一ヶ月ほど前に、以前紹介した大山崎山荘美術館の寛次郎展に行ってきました~。

当日曇り空で館内が暗く、フラッシュ撮影になったので、実際の作品より少し明るくなりすぎて、色調が変化しているかもしれませんが、何点か紹介致しますね☆

Kanjirou_gousu_2
「倣作伊万里赤絵盒子」
初期の頃は、こんな作品も創ってらしたんですね。
晩年の作品と比べると、 とても同一人物の手によるものとは思えませんが、作風は変っても、品格の高さは、若い時から晩年まで、一貫して貫かれていると思います。


Kanjirou_tubo
「草花文扁壺」
日常生活で使われる「用の美」を目指して制作していた中期の作品。
これとほぼ同じ形状の作品が、知人によってミラノの国際工芸展に出品され、グランプリを受賞しました。
そのことに対して寛次郎さんは、「その栄誉は作品がもらったもので、私がもらったものではないですよ。民族の伝統が受賞したのです。私の作品というのもおこがましい」と語られました。

寛次郎さんは、芸術家と呼ばれることを嫌い、文化勲章や人間国宝も辞退されました。
「われわれの仕事は個人ではなく、みんなの協力でやっているが、地方にむけば名前は知られていなくても、自分なんかよりうんと立派な腕を持って宝物を作っている方がまだまだおられる。その方たちが先で自分の順番はまだこないんだよ。」
作品に銘(誰某が作ったという印)もいれず、多くの無名の職人のように、一介の陶工であることを貫かれました。

Kanjirou_sansyoku
「三色双頭扁壺」―70歳を超えてからの作品です。

「このごろは壺を作っていると、かたちがこれまでのものとちがってだんだん彫刻的になってくるんですわ。その壺に向かって目をつぶってくすりをぶつける。ところが焼いてみると釉薬がちゃんと器に落ち着いている。これは他力のおかげですよ。自分が考えてやった仕事ではなく、自然に逆らわずに生れてきたものだから、それがどう受けとられるか、観る方にお任せですね。」

晩年は、「民藝(民衆的工藝)」に「民族の芸術」という新しい解釈を加え、心の内奥から湧き上がる生命の流れに任せて、自由無碍に創作し、独自の美の世界を切り開いていくことになります。
現代版縄文土器とも呼びたくなるような、原初の生命エネルギーが躍動している素晴らしい作品だと思います。

|

« 鹿児島ギャラリー | トップページ | 新年祝賀法話会 »

コメント

お久しぶりなので、書いてくださってとても嬉しいです。写真ありがとうございます。

寛次郎さんは本当にすごいですね。
言葉じゃなくて、生き方そのまんまが言葉になってて、こちらははーっと打たれるばかりです。

わからないけど、見ていたい触れていたい(触れちゃいけないのですが)と思わされます。

投稿: のんのん | 2007/12/02 20時41分

最近、更新が停滞してましてすみません。

寛次郎さんの陶器は、ホントに手で触りたくなりますよね~。
不思議です。

芸術作品の美に感動するというのは、その作家の生き方に感動することでもありますね。

投稿: 晃久 | 2007/12/03 22時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158958/16995191

この記事へのトラックバック一覧です: 寛次郎展報告:

« 鹿児島ギャラリー | トップページ | 新年祝賀法話会 »