« 2008年3月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年6月

2008/06/13

美術展の紹介

久しぶりに美術展の紹介でも。

この前、高殿でお話しした際、ちょっと取り上げましたが、二週間ほど前に、京都国立近代美術館にルノワール+ルノワール展を見に行ってきました。
7月21日まで開催しています。
印象派の画家オーギュスト・ルノワールと、彼の息子の映画監督のジャン・ルノワールの作品を同時に展示するユニークな試みです。
会場の入り口に、晩年のルノワールが絵を描いているフィルムが映し出されていましたが、作品以上に、彼の顔や姿そのものに見ていて飽きない魅力を感じました。

常設展で、寛次郎さんの作品や、富本憲吉や魯山人の作品なんかも数点置いてました。
二年前に、この美術館で富本さんの展覧会をやっていまして、見に行こうと思って、結局行けずじまいでした。
奈良の生駒に記念館があるみたいなので、一度機会があれば行って見たいです。


それと、この間の練成会でメンバーの方が、その生き方に大変感銘を受けたと仰っておられた、京都西陣の織物作家の、山口伊太郎さんの遺作展のサイトがありましたので、関心を持たれた方もいらっしゃると思うので紹介いたします。
源氏物語錦織絵巻

相国寺承天閣美術館というところで、7月6日まで開催されています。
京都御所の近くのようですね。

70歳で「国宝源氏物語絵巻」を題材に、全4巻の再現に取り組まれ、最終巻の製作中に、その段取りを見届けた後、弟子の方たちに後を託し、昨年105歳で亡くなられたとの事です。
人間国宝への推挙を、西陣織の伝承ではなく、新しいものを作り続けることを評価されたい、という理由で辞退されたそうですね。

何歳になっても、絶えず新しいものを作り続けようとされた、創作にかける情熱は凄いですね。
興味のある方は見に行かれてはいかがでしょうか?

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年12月 »